『ザ・レイド』※ネタバレ感想有

インドネシアのアクション映画『ザ・レイド』(2011年公開)。
視聴後の興奮冷めやらぬのでここで随時思いつくまま感想その他吐き出し。
本文下部の感想はネタバレ要素を含みますのでご注意ください。

『ザ・レイド』あらすじ

Wikipediaよりあらすじ引用。

『ザ・レイド』(原題:The Raid -Redemption-)は、ギャレス・エヴァンス監督・脚本、イコ・ウワイス主演による2011年のインドネシアの格闘技アクション映画。

麻薬王が支配する高層ビルを舞台に、強制捜査に入ったSWAT部隊と、それを迎え撃つギャングたちの戦いを描く。

話の骨格は上記の通り。本当にシンプルです。自分はU-NEXTで観ました。

予告編

映画『ザ・レイド』予告編

The Raid | Official US Trailer HD (2011)

感想あれこれ

Twitterでの呟き内容とも重複してます。

年明けからどえらいものを観てしまった。最初から最後まで緊迫感ありすぎてずーっと下っ腹に力入ってました。 ひたすら銃撃と肉弾戦、暴力の嵐に全振りしたインドネシア映画。

最初冒頭シーンからショッキング過ぎてもうミュートにして観ようかと(観るんかい)思ったが、いきなりバチバチのビル内戦争が始まってそれがまた緊迫感の激しいこと…。気が付いたら最後まで、謎の高揚感と爽快感に包まれて完走してました。

こんなバイオレンスは苦手な筈なのに、超高レベルなアクション、センスと臨場感溢れる画面のカッコ良さに目が釘付けに。 インドネシア映画で伝統武術の要素も沢山あるけども、別にインドネシア感を前面に押し出してる訳ではなくそこにあるのは本当ひたすらアクションに次ぐアクション。

普通に殺人力高そうなプロ達の共演やばい。撮影でケガ人出てるでしょ絶対⁉︎て感じのシーン満載。主人公の正統派ヒーローぶり良いですね…アンディは激しく好みだし、ジャカ役の人も良かったし敵のイカれ具合も…って皆好きになってるわ。ダルンダルンのシャツ着た悪徳マンション住人に至るまで最高でした。

ザ・レイド熱が冷めやらず、お気に入りのシーンをリピートしまくるマシーンと化してしまいました。 一回好きになるとどのページに何書いてあるとか、どのシーンで誰がどんなセリフ言って…とか憶えてしまうまで反復するタイプです。

至高のアクションさえあればストーリーなんて最低限抑えてればそれでいいんじゃって気にさせてくれました。少なくともこの映画に関しては、そう!!

新年早々、衝撃的な出会いを果たしてしまったので、さっそく円盤を注文しfilmarksで視聴した先輩方の感想やレビューを漁りまくるのであった…。

キャラクターについて

イコ・ウワイス演じる主人公のラマ。もう無茶苦茶強い。大満足です。この映画の主役は彼でなくてはいけなかった。攻撃がとにかく速い。トンファと刀で戦うシーンが特に大好き。正義感だけど悪党を骨まで砕くのに一切の容赦はしない清々しさ。

アンディ。主人公もカッコ良いんですが、個人的にアンディが好きすぎてたまりません。裏社会に身を置いた、でも熱いものはハートに残しているお兄ちゃん。序盤から何故か気になって目が離せなかった。

ジャカ巡査部長。髭の似合う男前。大変な死闘に部下もろとも巻き込まれるも、攻略と脱出のため奮闘。インドネシアってこんなにイケてる武器と武術の使い手いっぱいいるの!?

麻薬王のボス、リアディ。見た目は本当だらしない体したその辺にいそうなおっさんスタイルなんだけど、めっちゃ怖い。裏社会を生き抜いてきた凄みと説得力を序盤の言動から存分に見せつけてくる。お陰で観客は心置きなく主人公と共に戦い進める。

マッドドッグ。小柄な体に異次元の強さを持つおじさん。何か徒手による殺し合いを聖なるものととらえているふしすらある。戦闘に対する真摯さと狂気との絶妙なバランス感にグッときてしまい、久々にこんな最高の悪役に出会えて感謝。インドネシア有難う。

アクションについて

に、人間てそんな早い動き出来るんだ…て驚愕の超速体術や、武器を駆使した戦闘が堪能できます。血が滾るわこれは。
インドネシアの伝統武術(シラット)のことは名前しか知りませんでしたが、滅茶苦茶痛そう!痛点をもろについてくるような肘技など、画面を見てるだけでこちらも痛くなってきそうです。殺し合いにおいての実用性高そうな技術が盛沢山で見られる本作ですが、あの技の数々は使い手の研ぎ澄まされた身体能力ありきですよね。

つっこみどころ

そんな危険なマンションにあんな善人そうな普通の住民住めるの!?もしやいい人と見せかけて何かものすごい巨悪の伏線なんじゃ…と疑いましたがそれは違った模様。